忍者ブログ
自動車ニュースを毎日更新!Peugeot(プジョー)以外のヨーロッパ車、アメリカ車の情報も随時更新!事故現場やスクープ写真や動画も掲載。面白い車も掲載。チューニングパーツやタイヤやホイールとエアロパーツ、リコール情報を中心に更新!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


東京都心を走るタクシーは、雪に弱い。そんな話が同業者から出ている。

「雪の日の東京は怖くて走れません」と話すのは、都内で個人タクシーを営業するAさんだ。雪に不慣れだからではない。「東京は雪が少ない。駆動輪しかスタッドレスタイヤに換えないタクシーが多いからですよ」と、話す。

チェーン装着やスタッドレスタイヤへの換装をまったくしないで、雪道を走ることはできないが、駆動輪に雪対策をすれば前に進むことはできる。後輪駆動から前輪駆動が一般的となってからはコントロールも容易になり、こうした車両も増えた。すべての車輪に雪対策をしたほうがいい理由もある。

「前輪と後輪で路面をつかむ力が違うから、斜面やカーブで不安定になりやすいし、雪が深くなると動けなくなりやすい。コジンタクシーの場合は、自分の財産ですし、車両をたくさん抱えているわけじゃないから、すべての車輪をスタッドレスタイヤに換えることが多いですけど」(同上)

本当に全部のタイヤに雪対策をしないのか。車内のラジオニュースが大雪の予想を伝え始めた7日夕方、気象庁での大雪会見後に都心を走る法人タクシーの運転手に聞いてみた。その車両はノーマルタイヤのままだった。

「法人タクシーは、だいたい2輪しか換えません。それが普通じゃないですか。年に何日も降らないのに全部換えてたら起き場所にも困りますから」

約370社が加盟する東京ハイヤー・タクシー協会に実情を聞いた。

「降った後の路面凍結も怖いところなので、できれば安全面から乗務員教育も含めて整備をするように話をしているが、各社の対応になるので、詳細は把握していない」(同協会広報担当)

法律では安全走行のための降雪時対策は定めているが、タイヤ全部に雪対策が必要であるとは言及していない。

不安を覚える運転手もいる。別の法人タクシーの運転手は、こう話す。

「路肩に雪を寄せたり、車両が通行しないこともあって、道路の中央よりも歩道と車道の境のほうが滑りやすい。そのせいで、お客さんを見つけて止まろうとしても感覚が狂うんですね。クルマだけでなくお客さんも同じなんですよ。段差があるところで歩道から車道に、いつもの調子で出ようとして転んじゃう」

そういえば、昨年1月の大雪で首都高速に取り残された車両の中には、営業車が多く混じっていた。雪に弱い東京。その原因はこんなところにもあった。



拍手[0回]

PR


ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは2月7日、1月の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は1万2225台。前年同月比は1.4%増と、引き続きプラスを保った。

市場別実績は、信用不安からの回復傾向にあった欧州が後退。欧州では1月、2904台を販売。前年同月比は7.8%減と、5か月ぶりに前年実績を下回った。このうち、地元ドイツは1481台を販売し、前年同月比は10%増と2桁の伸びを維持。5か月連続で前年実績を超えている。

また、米国は前年同月比7.8%減の3096台と、マイナスに転じた。この結果、単一国としては、2か月連続で中国に最量販市場の座を明け渡す。その中国の1月実績は、4035台。前年同月比は29.2%増と、4か月連続の2桁増。中国を含めたアジア太平洋/アフリカ/中東では、14.2%増の5797台を売り上げた。

1月実績を車種別で見ると、『911』シリーズが、約2300台を販売。前年同月比は、ほぼ横ばいだった。『ボクスター』と『ケイマン』も、合計で約1700台を販売し、前年同月比は55%の大幅増。 

ポルシェの2013年世界新車販売は、前年期比14.9%増の16万2145台と過去最高。同社のベルンハルト・マイヤー営業&マーケティング担当取締役は、「1月は記録的な販売結果を残した前年を、わずかに上回った。2014年の年間での再度の成長に向けて、今後の販売に自信を持っている」と述べている。



拍手[0回]


国土交通省は2月7日、首都圏など都市部の環状道路整備が進捗することを踏まえて、渋滞している経路の料金を割り増し、容量に余裕のある経路の料金を割り引く新たな料金体系の検討に着手した。

社会資本整備審議会の部会で審議を開始したもので、現在整備率が6割程度の首都圏3環状道路について、2年後には整備率が8割まで進捗することから、2016年度頃の導入を予定している。

高速道路上に約1600基整備されているITSスポットで自動車の走行経路情報を把握し、これらのビッグデータとETCデータを結びつけることにより経路に応じた料金が実現可能になる。

例えば、首都高速の都心環状線が渋滞している場合は、都心環状線経由の料金を割高にし、外環道や圏央道経由の料金を割安にして交通の分散を図る。

同省によると、首都高速道路の場合1車線1時間当たりの走行台数が1400台を超えると渋滞となるが、1300台程度であれば時速70kmを確保できるという。この100台の差を料金でコントロールできれば、渋滞を緩和できるというわけだ。

同省では審議会の部会で検討を進め、今年度内にコンセプトを公表したい考えだ。




拍手[0回]


イタリア セリエAの名門、ACミランに所属するサッカー日本代表の本田圭佑選手。その本田選手が、アウディのハイエンドSUV『Q7』をマイカーとして選んだ。

この情報はアウディジャパンのFacebookページに掲載されたもの。アウディは、2007年からACミランとのパートナーシップを結んでおり、チーム関係者に車両を提供している。

とくにプレイヤーに対しては、それぞれに専用の一台を選んでもらっているとのことで、Facebookページには、カカ選手に『RS6アバント』、エル シャーラウィ選手には『RS4アバント』など、超高性能モデルが贈呈される模様が掲載されている。

ACミラン再興の切り札として期待される本田選手、Q7の力を得てチーム浮上に貢献してくれることを願いたい。



拍手[0回]


TRD(トヨタテクノクラフト)は3日、トヨタ『86』をベースにTRDが製作した『86 TRD グリフォン コンセプト 014』が、2014年1月31日、筑波サーキットコース2000(茨城県)で行った走行試験で「58秒407」のベストラップを記録したと発表。

86 TRD グリフォン コンセプト 014は、トヨタ86がもつポテンシャルを活かし、車体の軽量化、ボディー剛性の強化、吸排気および足回りのサーキット向け最適化などを施し、サーキットでの高速走行試験によるデータを今後の車両開発・商品開発にフィードバックすることを目的に開発された。

2012年12月のシェイクダウン時に記録した1分1秒872から、2013年3月の試験では1分0秒749までタイム短縮。今回、014車両ではさらなる軽量化や風洞試験によるエアロデバイスの開発、FA20エンジンのNAメカチューンでの進化により、ラップタイム更新を達成した。

TRDでは、今回の走行試験をもってプロジェクトによるデータの採取を完了し、今後の車両開発や商品開発に反映する活動に移行する予定。




拍手[0回]


 BMW車に向けたパーツをリリースする3DDesign(スリーディーデザイン)より、4シリーズ用アイテムが発売された。

 まず、機能パーツとして、ステンレス製で76φ4本出しテールが迫力の『マフラー』と、減衰力20段調整機能を持つダンパーに専用バリアブルピッチスプリングを組み合わせた『車高調KIT』をラインナップ。

 また、エクステリアをスポーティに演出するエアロパーツも用意。『フロントリップスポイラー』と『トランクスポイラー』、『ルーフスポイラー』は耐衝撃性に優れるウレタン製とされ、『アンダーフリッパー』と『リアディフューザー(4テール)』はカーボン素材を採用する。

 さらに、リムエンドまで伸びる5本スポークが足元を軽快に見せる『ホイールTYPE3 FORGED』もスタンバイ。いずれも、4シリーズの個性をより引き立てるアイテムとして、オーナーは要注目と言える。

『4シリーズ用アイテム』
□対応車種/BMW・4シリーズ 型式:F32
□価格(税抜)/
フロントリップスポイラー:¥82,000
アンダーフリッパー:¥57,000
リアディフューザー(4テール):¥120,000
トランクスポイラー:¥58,000
ルーフスポイラー:¥55,000
ホイールTYPE3 FORGED:¥136,000~¥138,000
マフラー:¥285,000
車高調KIT:¥340,000




拍手[0回]



マツダの米国法人、北米マツダは2月3日、1月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は1万8813台。前年同月比は11.8%減と、前年実績に対して2桁の落ち込みとなった。

乗用車系では、主力車種の『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)が、新型発売を控えて6234台と後退。前年同月比は22.8%減だった。2013年1月に新型が発売された『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)は、3172台を販売。前年同月比は47.7%の大幅増だ。『マツダ2』(日本名:『デミオ』)は、41.2%減の907台にとどまる。

また、『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)は1月、1800台を販売。前年同月比は4.3%減と、わずかに前年実績を割り込む。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系では、新型SUVの『CX-5』が、4998台を販売。前年同月比は4.7%減と後退した。2013年に大幅改良を受けた『CX-9』も1490台にとどまり、前年同月比は29.6%のマイナス。

スポーツカーでは、『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』)が212台を販売。前年同月比は32.7%減と、大きく前年実績を下回った。

北米マツダは、「アテンザやCX-5をはじめ、SKYACTIVテクノロジー搭載車の販売が、1月は全体の75%を占めた」と説明。1月にはメキシコ工場で新型アクセラの現地生産が開始されており、間もなく北米市場で発売される予定だ。



拍手[0回]



ホンダの米国法人、アメリカンホンダは2月3日、1月の新車販売の結果をまとめた。総販売台数は9万1631台。前年同月比は2.1%減と、前年実績を2か月ぶりに下回った。

ホンダブランドの乗用車系では、2012年秋に発売した新型『アコード』が、2万0604台を販売。前年同月比は13.9%減と、2桁の落ち込み。『シビック』も大幅改良を受けた2013年モデルが2万1824台を売り上げたものの、前年同月比は0.3%の微減。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力車種の『CR-V』が、1万8232台を販売。前年同月比は2.4%増と、堅調だった。日本仕様とは異なる北米専用ミニバンの『オデッセイ』も、7879台を販売。前年同月比は16.6%増と、2桁増を達成。中型SUVの『パイロット』は、15.9%減の6224台と落ち込んだ。

アキュラブランドでは、主力セダンの『TL』が前年同月比8.6%減の1368台。『TSX』も32.7%減の893台、『ILX』も25.7%減の1157台と、セダン系が軒並み減少。唯一、2013年春に発売したホンダ『レジェンド』後継車の『RLX』が、前年実績の32倍の420台を登録した。

一方、アキュラブランドのSUVは、1月の新記録。『RDX』が9.7%増の2730台と、21か月連続で増加。2013年にモデルチェンジした『MDX』は、64.7%増の4241台を販売する。

「CR-V、アコード、シビックの3車種合計で、初の30万台以上を売り上げるなど、2013年の販売は好調だったが、1月の寒波が販売を少し押し下げた」と話すのは、アメリカンホンダのジョン・メンデル副社長。「2014年モデルの『シビックSi』や新型『フィット』が発売される今後は、見通しが明るい」と述べている。



拍手[0回]



インド自動車大手のタタモーターズが2009年、日本円で約20万円という超低価格で発売した『ナノ』。同車が、インドの衝突安全テストに「失格」した。

これは1月31日、英国ロンドンに本拠を置くグローバルNCAPが明らかにしたもの。インドで初となる公的な衝突安全テストを、インドで人気のコンパクトカー5車種を対象に実施。その結果を公表している。

今回、グローバルNCAPが行った衝突テストは、前面衝突のみ。64km/hで、バリアに車両の前面の40%をぶつけるオフセット衝突テストを実施した。そして、前席乗員(大人)の保護性能と、後席のチャイルドシートの子どもの保護性能を、5段階で評価した。

タタ ナノの結果は、前席乗員の保護性能と、後席のチャイルドシートの子どもの保護性能ともに、5段階評価で最低のゼロ星。インド初の衝突安全テストに、失格となった。

グローバルNCAPは、タタナノのエアバッグが未装備な点を問題視。「車両の構造が頑丈さに欠け、大人が生命を脅かす怪我を負う可能性がある」と指摘。そして、「チャイルドシートを取り付けることも意味を持たない」とした。さらに、「国連の最低基準である56km/hの衝突テストに適合できない」と結論づけている。


拍手[0回]

 



プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエン『DS3』にスペシャルチューンモデル、『DS3レーシング・マットゴールド』を設定、 20台限定で2月4日より販売を開始した。

DS3レーシング・マットゴールドは、WRC(世界ラリー選手権)で数々のタイトルを獲得したシトロエン・レーシングが手掛けたモデルで、シトロエンとして日本初導入となるマットペイントを採用。ボディにマットブラックを、ルーフ、フロントフェイス、18インチアロイホイール、ダッシュボードなどにアクセントとして独自な輝きを放つマットゴールドを施している。またエクステリアおよびインテリアには、カーボンパーツを随所に採用する。

搭載する1.6リットル ツインスクロールターボエンジンは、ターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用チューニングを施し、最高出力はDS3より33%上回る207psを、最大トルクは15%上回る275Nmを発生する。また、車高を10mmローダウンするとともにトレッドを30mm拡大。さらに専用ダンパー&スプリングのほか、専用4ピストン・キャリパーと大径ディスクローターを採用し、足回りの強化を図っている。

価格は380万円。




拍手[0回]

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Sponsors by
BizFAX パブリッククラウドサービス「Cloud n」 “" 自分の毛根で増やす『自毛植毛』ニドーシステム頭髪専門クリニック “" サラサラで元気な毎日のために!<DHA&EPA EX> “" ケータイへも固定へもおトクにかけられる電話アプリ「050 plus」 “" パーツキング “" 年間390人が師範段位を取得!
最短1年半!自宅でママさん副収入
“" リピート率脅威の80.9%以上!!低刺激性保湿クリーム【水の彩】 “" 女お笑い芸人も絶賛モリンガ “" 審査に落ちても全額返金【iディレクトリ】 “" さくらのVPS 8G “" Bizホスティング メール&ウェブ エコノミー “" 家計節約の裏ワザ “" ビジュアル生命保険サイト!保険マンモス! “" ファーストサーバ “" 弱酸性の馬油シャンプー “" エクストリムレンタルサーバー “" ココマイスター “" ServerQueen “" アフターサービス保証へのこだわり シロノクリニック “" 感動の臨場感!ライブコミュニケーション☆話題のマシェリ☆ “" Just-Size.Networks “" ハイスペックVPSならVirtualWeb “" Windows レンタルサーバー ExpressWeb “" あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。 “" イオシス “" 旅ポケ.com “" 宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」 “" 容量無制限フォトストレージ 30days Album PRO “" 【PR】プロアクト:デメカル血液検査キット “" 気になる垂れ尻・・・何とかしたい方に!!! “" 7色カラーの可愛い補正下着!2カップアップキャミ! “" ウエストスリマー “" 洋子の骨盤らくらくウォーキング シェィパー “" Dr.Takahama ネオ豆乳ローション “" エキサイト恋愛結婚
“" 誰もがうどん打ち達人になれる1冊─大和製作所のうどん製法新奥義術 “"
Sponsors by
Domainking “" フォーマル専門店 TISSE “" 速読を短期間で身につける!1日たった15分の速読訓練でかるく2~3倍のスピードに “" 気になる人はこちら・・・ “" 着けるとベルトのサイズが小さくなるかも?!おなかスリマー “" お肌だけじゃなく姿勢もアンチエイジングしてみませんか? “" 【はくだけでサイズダウン!】骨盤ウォーカー\6,800 “" ジーンズが似合うためには「骨盤」が重要! “" シーズの専用サーバー[初期費用無料+30日間の無料お試し] “" レンタルサーバー【クローバー】 “" 【NTTスマートコネクト】レンタルサーバ販売パートナー大募集! “" 業界TOPクラスの『高機能』『多機能』『低価格』レンタルサーバ “" チャットオペレーター募集!CHAT GIRLS “" レンタルサーバーの決定版!!
FC2レンタルサーバー “" サーバまるごとセキュリティ強化 “" 「もう迷わない」デジタルカメラ選びなら「ぴったんこナビゲーター “" 在宅アルバイト【チャットレディ】 “" ディズニーリゾート周辺のホテル予約 “" ぴったんこナビゲーター “" 専門知識不要!月額\3,150-[税込]からの簡単VPN構築サービス “" 「ZERO」からはじまるBフレッツ。最大100Mbpsで高速インターネット! “" GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン “" 日本初。ワンセグ予約録画機能付き英語教材「I talk TV」 “" レンタルサーバーならファイアバード “" 人妻とチャット今なら1500円無料 “" 人妻専門ライブチャット “" 熟女・人妻ライブチャットはこちらをクリック! “" スタードメイン “" 月額263円からのレンタルサーバー、ミニバード “" リューグー “"
楽天市場
Amazon
販売本数500万本!常時在庫67万本!タイヤ通販NO.1
プロフィール
HN:
kamille
性別:
男性
自己紹介:
プジョー206RCからプジョー308GTiに乗り換えました。大きくなって戸惑いながらも、楽しく運転中です。自動車パーツを中心に、自動車ニュースをお伝えできればと思っています。
Copyright © Peugeot(プジョー)乗りの自動車ニュース All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]