忍者ブログ
自動車ニュースを毎日更新!Peugeot(プジョー)以外のヨーロッパ車、アメリカ車の情報も随時更新!事故現場やスクープ写真や動画も掲載。面白い車も掲載。チューニングパーツやタイヤやホイールとエアロパーツ、リコール情報を中心に更新!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いすゞ自動車は2月20日、『エルフ』などの燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、いすゞ『エルフ』、日産『アトラス』、日産ディーゼル『コンドル』、マツダ『タイタン』の4車種で、2005年6月30日~2006年12月8日に製作された3万3426台。

トラックの燃料タンクにおいて、燃料タンクバンドを過大な締付けトルクで固定したため、当該タンク内部のバッフル板(燃料液面の揺動を抑止する仕切板)のスポット溶接部に過大な力が加わっているものがある。そのため、車両走行時の振動により、当該溶接部に亀裂が入り、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

全車両、燃料タンクバンドを改善品に交換するとともに、ナットを新品にし、ワッシャを追加し、対策の締付け方法にて締付ける。また、燃料タンクのバッフル板溶接部を点検し、スポット溶接部に亀裂が生じているものは、燃料タンクを新品に交換する。

不具合発生件数は10件で、市場からの情報で発見した。

事故は起きていない。


拍手[0回]

PR


オークネットは、「クルマへの愛着に関する意識調査」と題したアンケート調査を実施、その回答結果を発表した。

調査は1月17日から31日までの15日間、インターネットアンケートで実施、男女1005人から回答を得た。

今回のアンケートにおいては、クルマの所有経験があるユーザーは761人となり、そのうち所有したクルマに対して愛着が「ある」「少しある」と答えたユーザーは687人(90.3%)という結果となった。また、愛着が「ある」と答えたユーザーを年代別にみると40代が69.8%と最も多い。次いで、20代が66.5%と続く。20代30代の愛着が高く、40代から徐々に低下する傾向が確認できる。

愛着が「ある」「少しある」と答えたユーザーに、自分のクルマを身近な存在に例えた場合、どのような存在になるかを尋ねたところ、「家族」とする回答が48.0%と最も多くなった。さらに、愛着を感じるタイミングについて尋ねてみたところ、「運転しているとき」が34.4%と最も多く、次いで「洗車しているとき」が18.8%、「常に」が14.8%と続いた。



拍手[0回]



英マクラーレンは、新型スポーツカー“650S”の写真を公開した。650Sは同社の代表的なスポーツカー“12C”と2013年に発表され完売した“P1”の中間に位置するスポーツカー。3月のジュネーブショーで披露され、2014年春に欧州で販売が開始される。

 650Sはマクラーレンの技術を結集してつくられた新しいスポーツカーだ。P1に着想を得たというデザインは、マクラーレンモデルらしいスポーティなスタイリングと優れた空力性能を両立。Cd値は12Cと同レベルを達成しているとのことだ。240km/hで車体が受けるダウンフォースの量は24%増加する設計となっており、高速でも優れた操縦安定性を発揮するという。

 ルーフにはリトラクタブル・ハードトップを採用し、クーペとオープンカーの両方の魅力をドライバーと乗員に提供する。

 エンジンは3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650psを発生する。加速性能や最高速度はジュネーブショーでのお披露目の際に公表される。


拍手[0回]



日本自動車タイヤ協会は、都道府県警察、運輸支局、東日本・中日本・西日本の各高速道路、自動車及びタイヤ関連団体と協力し、2013年(1月~12月)に全国で39回の路上タイヤ点検を実施、その結果をまとめた。

タイヤ点検は、高速道路657台、一般道路874台の合計1531台で実施。調査結果によると、点検車両1531台のうち、タイヤに整備不良があった車両は477台、不良率31.2%。2012年点検結果に比べ4.5ポイントの減少となっている。道路別では、高速道路のタイヤ整備不良率は30.9%で2.4ポイントの減少、一般道路では31.4%で6.6ポイントの減少という結果となった。

タイヤの整備状況を項目別にみると、不良率1位は「空気圧不足」で20.7%、次いで「偏摩耗」5.6%、「タイヤ溝不足」3.3%の順となっている。不良率を2012年の結果と比較すると、「タイヤ溝不足」は1.5ポイント、「釘・異物踏み」は0.1ポイント、それぞれ上昇。一方、「空気圧不足」が5.5ポイント、「偏摩耗」が0.3ポイント、それぞれ減少している。

また、道路別でみた不良率を2012年の結果と比較すると、高速道路では「空気圧不足」は3.7ポイント減少、「タイヤ溝不足」は2.6ポイント増加。一方、一般道路では「空気圧不足」が8.1ポイントの減少、「タイヤ溝不足」が0.5ポイント増加した。



拍手[0回]


2月13日、日産自動車と三菱自動車はそれぞれ新型軽自動車『デイズ ルークス』『eKスペース』を発表した。このモデルにより、両社は軽自動車マーケットで急激に拡大する「モアスペース」(「スーパーハイトワゴン」とも呼ばれる)クラスへ本格的に参戦することになる。

モアスペースというジャンルを開拓したのは、言うまでもなく2003年に登場したダイハツの『タント』だ。全高1700mm超という背高パッケージを採用し、ホイールベースも長くとることで室内空間を最大限に大きく、なおかつ、ボンネットを持たせ商用1BOXバンとは異なる乗用テイストを前面に押し出したことで、子育てママやファミリーに絶大な人気を集めるジャンルだ。最近のモデルは、両側スライドドアが当たり前になっており、使い勝手を非常に高いレベルで競いあっている。また、充実した内容に応じて価格も軽自動車としては高額になり、自動車メーカーとしては、それだけ利益を確保しやすいクルマとも言える。

そんなモアスペースの始祖である『タント』が誕生した2000年代初頭の軽自動車市場は、スズキの『ワゴンR』とダイハツの『ムーヴ』という「ハイトワゴン」の2台がランキングトップを争い、そこにホンダの『ライフ』やダイハツの『ミラ』、スズキの『アルト』という背の低い「ロールーフ」が肉薄するという状況であった。しかし、『タント』はデビュー翌年の2004年には約9万台を販売し、販売ランキングでワゴンRやムーヴ、ライフ、ミラに続く5位の地位を確保。まったくの新ジャンルのクルマとしては大成功と言えるだろう。

タントの成功を横目に見ながらも、ライバルメーカーの動きは予想外に鈍かった。スズキがライバルとなる『パレット』(日産には『ルークス』としてOEM供給)を投入したのは、ようやく2008年になってから。翌2009年度の販売ランキングではタントは、ワゴンRとムーヴに続く3位に躍進。しかし、スズキが満を持して投入したパレットは、6位と伸び悩む結果に。しかも、その差は2010年になっても縮まらなかった。それどころか、タントはムーヴを抜いて、2010年度の販売ランキング2位にまで販売を伸ばしてきた。パレットは、モアスペース市場を独占してきたタントとともに、このカテゴリーをポピュラーなものにする役目を担ったかたちだ。

ちなみに、タントがデビューした翌年である2004年の軽乗用車市場における『タント』の販売シェアは、軽乗用販売のうち、わずかに4%ほど。しかし、2011年になると、タントとパレットの2台のモアスペースは市場の約12%を占めるほどに勢力を拡大していたのだ。



拍手[0回]


警察庁交通指導課は2月14日、2013年の暴走族の動向および検挙状況を発表した。

2013年の暴走族構成員数は前年比5.0%減の6933人、グループ数は同16.6%減の327となっている。

暴走族のグループ数および構成員数は、減少傾向にあり、10年前と比較すると構成員数、グループ数ともに約3分の1となっている。

また、い集(多くの車両が寄り集まること。「い」は虫偏に「胃」)・走行回数は同9.2%減の3011回、参加人員も同15.0%減の2万4508人と大きく減少している。



拍手[0回]


BMWは、3月4日からスイスで開催されるジュネーブモーターショーに、“BMW2シリーズアクティブツアラー”を出展すると発表した。5ドア・5人乗りのコンパクトMPV(多目的車)で、BMWブランドとしてはじめてFFレイアウトを採用する。

 2シリーズアクティブツアラーのボディサイズは全長4342mm×全幅1800mm×全高1555mm。Cセグメントに属する。ホイールベースは2670mmで、同じクラスに属する1シリーズハッチバックより20mm短いが、駆動方式はハッチバック車がFRであるのに対し、アクティブツアラーはFFを採用するため室内空間はより広く確保されているはずだ。

 さらにルーフに広いガラス面積をもつパノラミックルーフを備え、運転席と助手席も含めシート位置がセダンやハッチバック車より高めに設定されるため、高い開放感が期待できる。リアシートは40:20:40の3分割可倒式で、個別のスライドも可能。

 エンジンは3気筒または4気筒ターボユニットが設定される。欧州複合モードによる燃費は1.5リッター3気筒ユニット(136hp)を搭載する218iで、4.9L/100km(20.4km/L)。トップモデルの225iは2リッター直4ターボ(231hp)を積み、燃費は6.0L/100km(16.7km/L)と公表されている。



拍手[0回]


フィアット クライスラー ジャパンは、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の限定モデル「ジープ・ラングラー アンリミテッド フリーダム エディション」を2014年3月1日より限定150台で発売する。

ベースとなる「ジープ・ラングラー アンリミテッド」は、「ジープ・ラングラー」の4ドアモデル。今回発売される「ジープ・ラングラー アンリミテッド フリーダム エディション」は、第二次世界大戦中に連合国軍の軍用車両として運用された車両の復刻版となる。

最大の特徴は、フロントフェンダーに装着された「Oscar Mike(軍事用語でOn the Move[移動中、向かっている]を意味する)」のハードバッジ、およびボンネットとリアに装着された米軍を連想させる星のデカール。外装色にはブラックと特別カラーのハイドロブルーの2色を設定。フロントには専用のミネラルグレーグリルを採用し、オーバーフェンダーはボディと同色となる。内装は、ブラックを基調としたレザーとファブリックのコンビシート採用。フロントシートには、星のデカールが刺繍されている。

台数はブラックが100台、ハイドロブルーが50台。価格は388万5000円となっている。



拍手[0回]



イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは2月12日、『カリフォルニアT』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14で初公開される。

フェラーリは2008年秋、パリモーターショー08において、『カリフォルニア』を発表。フェラーリ初の電動ハードトップを備えたオープンカーが、カリフォルニアだ。今回、デビューから5年半を経て、初の大幅改良を実施。これを機に、車名をカリフォルニアTに改めた。

カリフォルニアTのハイライトは、車名の「T」が意味するように、ターボエンジンの搭載にある。新開発の直噴V型8気筒ガソリンターボエンジンは、排気量が3855cc。従来の4.3リットルV8自然吸気ユニットと比較して、排気量はおよそ440ccダウンサイジングする。

新V8ターボエンジンは、最大出560ps/7500rpm、最大トルク77kgmを発生。従来の4.3リットル(最大出力490ps、最大トルク51.5kgm)比で、排気量を縮小しながら、パワーは70ps、トルクは25.5kgm上回る。トルクは従来比で49%も向上。フェラーリは「リッター当たりの出力は145ps。カテゴリー最高レベル」と胸を張る。

動力性能は、0‐100km/h加速3.6秒。従来の3.8秒から、2秒の短縮を実現した。最高速は312km/hから316km/hへ。それでいて、フェラーリによると、燃費はおよそ15%改善。CO2排出量は20%削減し、250g/kmとしているという。なお、シャシーのセッティングも見直された。

カリフォルニアTは、外観も従来のカリフォルニアから大幅に変更。フェラーリのデザインセンターとピニンファリーナの共同作業により、最新フェラーリのデザイン言語を反映させた。室内には、6.5インチの高画質タッチスクリーンモニターを新採用。新たなインフォテインメントシステムに対応している。


拍手[0回]


イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが2013年12月に発表した『ウラカン LP610-4』。3月のジュネーブモーターショー14でのワールドプレミアを前に、すでに多くの受注を獲得していることが分かった。

ウラカン LP610-4は、『ガヤルド』の後継スーパーカー。ミッドシップに搭載されるのは、新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジン。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出す。ガヤルドの5.2リットルV10に対して、50psも力強い。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。カーボンファイバーなどの軽量素材の採用により、車両重量は1422kgに抑えられ、ウラカン LP610-4は0-100km加速3.2秒、最高速325km/hという世界屈指のパフォーマンスを実現する。

ランボルギーニは2月12日、ウラカン LP610-4の受注状況を公表。「1か月間に、700台の受注を獲得した」と明らかにした。

同社によると、世界中のVIP顧客を対象に、ウラカン LP610-4のプレビューツアーを開催。このツアーは現在も行われているため、今後、受注台数はさらに増える可能性がある。



拍手[0回]

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
Sponsors by
BizFAX パブリッククラウドサービス「Cloud n」 “" 自分の毛根で増やす『自毛植毛』ニドーシステム頭髪専門クリニック “" サラサラで元気な毎日のために!<DHA&EPA EX> “" ケータイへも固定へもおトクにかけられる電話アプリ「050 plus」 “" パーツキング “" 年間390人が師範段位を取得!
最短1年半!自宅でママさん副収入
“" リピート率脅威の80.9%以上!!低刺激性保湿クリーム【水の彩】 “" 女お笑い芸人も絶賛モリンガ “" 審査に落ちても全額返金【iディレクトリ】 “" さくらのVPS 8G “" Bizホスティング メール&ウェブ エコノミー “" 家計節約の裏ワザ “" ビジュアル生命保険サイト!保険マンモス! “" ファーストサーバ “" 弱酸性の馬油シャンプー “" エクストリムレンタルサーバー “" ココマイスター “" ServerQueen “" アフターサービス保証へのこだわり シロノクリニック “" 感動の臨場感!ライブコミュニケーション☆話題のマシェリ☆ “" Just-Size.Networks “" ハイスペックVPSならVirtualWeb “" Windows レンタルサーバー ExpressWeb “" あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。 “" イオシス “" 旅ポケ.com “" 宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」 “" 容量無制限フォトストレージ 30days Album PRO “" 【PR】プロアクト:デメカル血液検査キット “" 気になる垂れ尻・・・何とかしたい方に!!! “" 7色カラーの可愛い補正下着!2カップアップキャミ! “" ウエストスリマー “" 洋子の骨盤らくらくウォーキング シェィパー “" Dr.Takahama ネオ豆乳ローション “" エキサイト恋愛結婚
“" 誰もがうどん打ち達人になれる1冊─大和製作所のうどん製法新奥義術 “"
Sponsors by
Domainking “" フォーマル専門店 TISSE “" 速読を短期間で身につける!1日たった15分の速読訓練でかるく2~3倍のスピードに “" 気になる人はこちら・・・ “" 着けるとベルトのサイズが小さくなるかも?!おなかスリマー “" お肌だけじゃなく姿勢もアンチエイジングしてみませんか? “" 【はくだけでサイズダウン!】骨盤ウォーカー\6,800 “" ジーンズが似合うためには「骨盤」が重要! “" シーズの専用サーバー[初期費用無料+30日間の無料お試し] “" レンタルサーバー【クローバー】 “" 【NTTスマートコネクト】レンタルサーバ販売パートナー大募集! “" 業界TOPクラスの『高機能』『多機能』『低価格』レンタルサーバ “" チャットオペレーター募集!CHAT GIRLS “" レンタルサーバーの決定版!!
FC2レンタルサーバー “" サーバまるごとセキュリティ強化 “" 「もう迷わない」デジタルカメラ選びなら「ぴったんこナビゲーター “" 在宅アルバイト【チャットレディ】 “" ディズニーリゾート周辺のホテル予約 “" ぴったんこナビゲーター “" 専門知識不要!月額\3,150-[税込]からの簡単VPN構築サービス “" 「ZERO」からはじまるBフレッツ。最大100Mbpsで高速インターネット! “" GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン “" 日本初。ワンセグ予約録画機能付き英語教材「I talk TV」 “" レンタルサーバーならファイアバード “" 人妻とチャット今なら1500円無料 “" 人妻専門ライブチャット “" 熟女・人妻ライブチャットはこちらをクリック! “" スタードメイン “" 月額263円からのレンタルサーバー、ミニバード “" リューグー “"
楽天市場
Amazon
販売本数500万本!常時在庫67万本!タイヤ通販NO.1
プロフィール
HN:
kamille
性別:
男性
自己紹介:
プジョー206RCからプジョー308GTiに乗り換えました。大きくなって戸惑いながらも、楽しく運転中です。自動車パーツを中心に、自動車ニュースをお伝えできればと思っています。
Copyright © Peugeot(プジョー)乗りの自動車ニュース All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]